談話室 山本小屋

美ヶ原高原ホテル山本小屋の情報交換掲示板
談話室山本小屋です。


[137] 当館の鍋野菜 Name:美ヶ原山本小屋 Date:2018/01/13(土) 19:12 [ 返信 ]
昨日昼のテレビ(TBS・昼おび)で、今冬の野菜は葉物野菜を中心に昨年同時期に比べ3〜4倍高騰していると報じていました。葉物だけでなく根菜類も高く、大根にしても価格は去年の倍とのことですが、大根の大きさが去年の同時期の半分以下なので実際は4杯ほどの高値らしいです。今日宿泊のお客様が当館の鍋皿をみて、白菜や長葱がいっぱいだと感激されていました。
当館は昨年と同じ量の盛り付けなのですが……
理由は、購入する野菜(ミニトマト・大葉・パセリ・サラダ菜……等)もあるのですが、メインの野菜(白菜・長葱・キャベツ・大根・人参……等)は、自家収穫野菜だったり従業員やアルバイト・お客様に頂戴したものだからです。
晩秋に収穫した野菜を地下むろに保存したものを春まで使用します。
ご存じのように日中でも−10度以下になる標高2000mの山小屋では、野菜はじめいろんな食材を昔から越冬用に保管しています。(今のように車が横付け出来ない頃からの山小屋の知恵です。当館の冷蔵庫・冷凍庫もプレハブでビール・ワイン・日本酒などアルコールなども冷蔵庫で保管します。これは凍って破裂しないようにする為です。
白菜・キャベツ・大根・人参…等は麓の畑で時価栽培ですし、長葱などは従業員や埼玉の深谷のお客様がトラック1台分を栽培して届けて下さいました。本場ものの深谷葱です。(長葱は土付で保存すると5月まで瑞々しくもちます。白菜は新聞紙でくるんで保存すると4月半ばまで持ちます。
レタスのように保存が難しかったり、鮮度が命の野菜もありますがじゃが芋や人参のように保存することで甘味の増す野菜もあります。
写真は今晩の2人用の鍋野菜の盛り付けです。



  


2016年 美ヶ原高原ホテル山本小屋
Powered by 1616BBS