談話室 山本小屋

美ヶ原高原ホテル山本小屋の情報交換掲示板
談話室山本小屋です。


[93] 自然再生活動(長門小学校・和田小学校) Name:美ヶ原山本小屋 Date:2017/07/09(日) 09:04 [ 返信 ]
パソコンの不調で1週間ほど『談話室』の更新が出来ませんでした。
7月7日(木曜日)に地元の小学校(長和町立長門小学校5学年)の皆さんが、美ヶ原登山キャンプの際に「美ヶ原自然再生活動」で、美しの塔周辺の外来帰化植物の駆除を行いました。
美ヶ原は霧ヶ峰と異なり、自然公園内を一般車両が通ることが出来ないので外来植物は多くはない(霧ヶ峰の場合は霧ヶ峰のど真ん中をビーナスラインが通っているため沿線には外来帰化植物が非常に多い)のですが、お弁当を広げたり・休憩する美しの塔園地や塩くれ場付近には外来種があります。この外来種の抜き取り駆除作業を長和町立長門小学校と和田小学校の生徒さんが二日間にわたって作業して下さいました。
この活動は、長野県環境自然保護課・美ヶ原自然保護センター…の指導のもと10年続いている活動です。


[97] 美ヶ原・霧ヶ峰の外来種植物について Name:美ヶ原山本小屋 Date:2017/07/10(月) 21:01
回答といっても私は植物学者・生態学者ではないので正確なお答えが出来るかどうかわかりませんが、これまで自然公園指導員や自然保護指導員の勉強会や講習会で聞いたこと、永年美ヶ原に居住してきた住民として得た知識内でお答えいたします。
美ヶ原は霧ヶ峰に比べると外来植物の種類はさほど多くはありません。
一番の理由は、当館から長野県美ヶ原自然保護センター間は、当館はじめ美ヶ原の事業者や住人以外の車両通行の規制がされているため、牧場関係者・通信施設事業者…等以外の車両は通行出来ないためです。
霧ヶ峰の場合、ビーナスライン(車道)を霧ヶ峰のど真ん中を通した為、大型バスや乗用車・二輪車…等他地域からの車両が通行するためビーナスライン沿線は数多く外来帰化植物が増えいるというのが現状です。
美ヶ原にも全く外来植物がないというわけではなく、王ヶ頭周辺の通信施設(テレビ塔・無線中継塔)周辺にはフランスギクなどの外来植物が生えています。
これは工事業者や保守業者の車両が他地域から外来種の種子を運んで来るのではないかといわれています。(今日も長野放送さんの前につくばナンバーと所沢ナンバーの保守業者の車両が作業をしていました)
仕方がないこととはいえ今後はなんらかの対策をしていかなければなりません。
当館の駐車場も県外ナンバーの宿泊者の車両も駐車するので時折外来植物が生えてくるのですが、当館スタッフが除去するので繁茂することはありません。
昨日もフランスギク(マーガレット)が駐車場に2輪ほど咲いていて綺麗だったのですが、私が草刈機で刈り取ってしまいました。王ヶ頭の通信施設事業者は常駐していないので知らず知らずのうちに増えてきます。
種類は多くないというもののセイヨウタンポポやクローバーが美ヶ原台上に沢山繁茂しています。これは終戦直後、国の食糧増産計画で農水省や県(当時の農林省や長野県農政課)が、寒さに強い牧草の種をカナダから輸入して蒔いたためと聞いたことがあります。
終戦直後ということもあるし、当時は環境省(環境庁が厚生省から独立するはるか昔の話)などもなく、生態系や固有種の保護などいう意識のない時代のことなので仕方がないことではありますが…このような推移で今日にいたっています。写真は王ヶ頭に生えているフランスギクです。


[95] 美ヶ原は外来種の植物は多いのですか? Name:好奇心小僧 Date:2017/07/10(月) 07:39
最近のニュースでは外来種のヒアリについて多く取り上げていますが、美ヶ原や霧ヶ峰も外来種の植物や昆虫が多いのでしょうか?


  


2016年 美ヶ原高原ホテル山本小屋
Powered by 1616BBS